懇談会と、嬉しい出来事。

懇談会と、嬉しい出来事。

ここの小学校は、夏休みにミニ懇談会があります。

今日がまさにその日だったのですが、旦那さんは同僚と食事会。

仕方ないので、子どもたちにお留守番をしてもらうことにしました。

ただ、夕方私が出る時間にはまだ習い事から帰宅していなかったので、晩ごはんの準備だけして家を出ました。

ご飯を炊いておひつに入れておき、先日購入したフリーズドライの牛丼とお湯を沸かす鍋、そして計量カップを置いて終了。

足りなければ、冷蔵庫に入っているハムなんかを食べてくれればいいわ、と。

暑い時期だけに、あまりいろいろテーブルに並べておきたくなかったんです。

懇談会の会場である公民館に到着。

私よりも先に数人来ていたので、おしゃべりしながら待っていると電話が鳴りました。

子どもたちが帰宅して、その報告の電話をくれたようです。

フリーズドライ牛丼を二つ一度に作るといいよ、という話をして、ちょこちょこ説明をしてから電話を切りました。

その後他のママさんたちとひとしきり炊飯器がいいか、ガス釜や鍋がいいのかの話で盛り上がりました。

そのうち先生到着。

夏休みに入って宿題がどんなふうに進んでいるかの話や、クラスのことなどちょこちょこ話しました。

でもメインは組合のことらしいんですけどね。

私達教員はこういう取り組みをしていますが、上から来るお達しはちょっと違うんです、と。

頑張って行きますので宜しくお願いします、という話。

これは毎年同じです。

それでも、役に立つお話をしてくれる先生もいるのでとりあえず参加しています。

今日は人数も少なく、クラスに大きなトラブルもないので、あっという間に終了です。

昨年はいろいろ問題があったのでみっちり2時間話し込みましたが、それだけ平和なクラスになっているということでしょうか。

お茶菓子をもらってさっさと帰宅です。

思ったより早く帰宅できたので、子どもたちも心なしか嬉しそう。

寝る前に帰ってくるとやはり嬉しいみたいですね。

今日は自分たちが食べた食器などもきれいに洗ってくれておりました。

お手伝いをする、が夏休みの課題になっている息子が中心になって、娘にも手伝ってもらったそうです。

それでもママはとっても助かります。

子どもたちの成長を嬉しく思った日でした。

脱毛大阪| 人気

うちの子に限って、な人。

朝、子どもたちを学校へと送り出します。

夏休みが始まって1週間は、学校で補習授業があるため、そこに参加させるので朝の時間が変わらないのです。

違うのは、夏休みまで仕事をしていた面倒くさい保護者が、仕事がなくなったために暇を持て余して、話し相手を求めて出てくること。

今日は朝のラジオ体操の時間から声が聞こえていたので怪しいなって思っていたんですよね。

そしたら思った通り、子どもたちが補習に行くのに集合する時間にその人も出て来ています。

今までは見向きもしなかったのに、これは何か理由があるわ、と思いました。

すると思った通り、子どもたちを送り出してから話しかけてきました。

できるだけ差しさわりのない会話をして済ませようと思ったんですが、もう話したいことは決まっていたようで、もう逃げようがなし(笑)

朝は忙しいのに、無駄に時間をロスしてしまいました。

実はその人の子どもがいるクラスでいじめが起こったようで、実際そのおうちの子が主犯格らしいと言う話は事前に聞いていたんです。

頭がいいと言えば聞こえはいいですが、ずるがしこい子どもなので、要領よく嫌がらせをするのは知っています。

というより、周りはみんな知っているんです。

認めようとしないのはその保護者だけなんですよね。

なのに、子どもの話を丸々鵜呑みにし、いや、うちの子に限ってなのかもしれないですが、うちは悪くない、と。

大津市でいじめ問題が大きく取り上げられていますが、おそらくいじめた方の子どもの親御さんはこんなタイプなのかと思います。

わが子はそんなつもりじゃないのに、いじめをした、とすごく攻撃を受けている。

思い込みが激しい人は本当に困るわ、といったスタンスです。

「鬼ごっこの鬼に、その子ばかりがなるっていうのはいじめとは違うわよね。」

いえ、それはじゅうぶんにいじめだと思います。

小学校も高学年になって、誰か一人ばかりが鬼になるっていうのはまずありえないですし。

逆にわが子がそれをやられたら、きっとこの人は大騒ぎするに違いないのに。

この頃いろんなところで勘違い行動がすごい、という苦情がいろいろなところに入ってくる状態になっているのを本人のみが知らないというか、見ないようにしているみたいです。

親ごと仲間外れにならないといいけど、と思います。

でも、痛みを感じないとわからないのかもしれないですね・・・。